この度、妻が日頃からお世話になっている姫路市の”奥播磨かかしの里”にて、新たに自分たちの活動拠点事務所&制作スタジオを貸して頂けることになりました。

6月に入ってから、ウィルスの影響を考慮しつつ、週の半分程度はこちらに滞在して活動していくことになりそう。

 

 

そればかりか行政や地域との連携により、また新しいことにも挑戦をしていきます。
ここ最近は、毎日、夫婦でいろいろなことを山ほど語り合っています…😅

 

自分たちのような者がいかに地域と関わって生きていくのか(←妻の作品において重要なワードだったりする)、また、すでに限界を迎えつつあるキャパの中でいかに制作の場を確保していくのか・・・これらは昨年フランスからの帰国後より、日々、夫婦で思案していたことでした🇫🇷

大変ありがたいことにこういった機会を頂いて、今までの自分たちには無かった全く新しい価値観に触れることができそうで、創作においてもまた一つ階段を登ることができそうな予感がしています。

 

この地域を盛り上げ、四方良しのマインドでこれからも切磋琢磨していきます。

 

 

This time, they will lend us an activity base office and production studio in “Okuharima Kakashi no Sato (The Scarecrow Village of Okuharima)” in Himeji city. The villagers are taking care of my wife.
From the beginning of June, we will be staying there for about half every week.

Not only that, but we will work with the administration and local people to challenge completely new things.
So, my wife and I have been talking about so many things every day…

It was an important challenge for us to see how an artist can be involved with the local community in Japan. Also, as the storage capacity of our artwork reached its limit, how will we secure our production space… We have been thinking about those problems since we came back from France last year🇫🇷

This is a great opportunity for us to experience new values that we have never had before. And we have a hunch that we will be able to climb one more step in creation!!

 

 

 

Share on LinkedIn
LINEで送る
Pocket